メッセンジャーが役目を終え、タオルを肩にかけてベンチ裏に引っ込むいつもの風景。
風呂あがりのオヤジ感を見送り、きょうはなにごともなく終えるだろうと、その考えが甘かったのか。
さすがに際の勝負では巨人に分があるか。

きょうの新聞にも書いていたが、去年も夏のロード最終カードは巨人戦であった。
そして去年、ここで失速した。
初戦はスタンリッジが4失点KO
2戦目は榎田が5失点KO
3戦目は9回に追いつかれた能見がベンチでグラブを叩きつけた。

そして今年。 
巨人が3タテされたら順位がひっくり返るところ、もう1勝してしまった。
あとは気が楽だろう。プレッシャーは阪神にのみかかってくる。 
これで、今年も3タテ見えたんじゃないか。
予想が外れていることを祈る。

ここですこし思い出す。
続きを読む