タグ:金田和之


プロ野球 最高の投手は誰か: 名投手列伝

阪神タイガース先発投手陣は4枠まで埋まっている。
確固たる柱が4本もあるのは大きな強み。5番手が〜6番手が〜と腐す向きもあるだろうが、前の4本の安定感を考えるとこの悩みは贅沢すぎやしないか。

1週間を6連戦(ABCDEF)だとする。阪神の場合はCとFを埋めれば良いわけだ。そこに5、6番手を持ってくれば良い。連敗を免れるためには3連戦の真ん中(B、E)に持ってくるという考え方もある。どちらにせよ、余裕があるので遊べるというか。 続きを読む

スポンサーリンク





投手陣の慰安旅行が韓国であったらしい。
いいなー。行きたかったなー。

先日は「プロならお山の大将であれ。群れるな」と書いたが、こういう話大好き。
しかも慰安旅行のコーディネーターは呉昇桓!
例年なら国内旅行らしいが、呉昇桓が投手陣をもてなしたという。
呉昇桓投手(32)がコーディネーターを務めた韓国での投手会(2泊3日、11人参加)から5日に帰国したことを報告。
阪神安藤が鉄腕宣言「来季も50試合以上」‐ニッカンスポーツ
11人。意外に少ない。リリーバー中心なのかな。

どんな話をするのだろうか。
先発に代打の◯◯が打たなくてさあー!そのあとのオレが投げづらくって!
リリーフカーの運転があの娘のとき、バックで駐車場に入れるの上手くね?

みたいなリリーバーあるある話なのかな。  続きを読む


さすがに安藤のイニングまたぎは酷ではないか、との不安が的中。

歳内でええやん!きのうもいいピッチングだったし!との指摘はしかし、的を外れている。
歳内は点差の開いた状況での、ノープレッシャーのピッチングであった。
さすがに一撃サヨナラの可能性があるところで投げさせるには今シーズンの実績が足りない。松田、金田も然り。(っていうかベンチ入りしていなかったのか。記事投稿後に気付いた)
もし若手起用で打たれたら采配に疑問符が打たれる。責めを負う。
というわけで、今シーズン頑張ってくれた安藤の続投、となったわけだ。

采配に疑問符を打つとすれば、呉昇桓の出し惜しみであろう。
良い選手から出し惜しみすることなく送り出すのは短期決戦の鉄則。
延長戦をにらんだ起用がアダになった、というべきだろうが、和田監督、中西コーチの気持ちも分かる。
どうしても「先」を考えてしまうのは仕方がない。

よって、仕方がない。  続きを読む

終盤は、次につながりそうな打線のつながりようだった。
ゴメスにもタイムリーが出たし。

岩貞、江戸時代の兵法家みたいな苗字からの「祐太」。現代っ子か。
例えば谷繁元信、みたいにはいかんか、ご両親。

まだ余力がありそうだった。
まだ信頼がないのか、あっさり代打交代されたが。
またの先発を楽しみにしている。
続きを読む

このページのトップヘ