タグ:藤川球児


『38 マルコス・マテオ』サイン入り! 阪神タイガース iPhone6 iPhone6s ケース ユニフォーム柄(ビジター) カバー アイフォン6 SoftBank au docomo TL-STAR

いやあ、きょうも負けた。
負け方が様式美になりそう。マテオの股関節は大丈夫なのか?そうでなければ藤川球児を、と思ってしまう。明日の新聞はそんなかんじなのかなあと予想しております。 続きを読む

スポンサーリンク





藤川球児 気力一瞬 ~熱闘の46セーブ~ [DVD]

金本知憲監督が昔の仲間を集めている。

これは「七人の侍」を彷彿とさせる、と言ってもいい、ような気がする。
「七人の侍」は記事タイトルのような維新ではないし、そしてほとんどの侍が死んだ結末は置いといて、話の面白さは「仲間集め」にあると思う。いやマアほかの部分っていうか話のすべての道筋が好きなんだけど、ワタシが映画とか小説とかで好きな話のパートのひとつに「つくり上げる」部分がある。そこに幕末、維新感を感じる。 続きを読む


金本知憲引退記念メモリアルDVD 虎バンDVD 鉄人・金本知憲引退 ~ありがとう! アニキ~

阪神優勝の可能性、ここだけをよりどころとしていたがソレも完全になくなってしまった。9月、負けに負けても可能性がある以上は文字通り何が起こるかわからないわけで、「2位狙い」なんて言えない。目の前の一戦一戦を…という気持ちであった。しかしそれも潰えた。和田豊監督も「私の責任です」と発言。それをサンスポは「辞任」と受け取ったようだ。マアそうなるか。しょうがないか。 続きを読む


猛虎の要 矢野燿大 背番号39の輝ける軌跡 [DVD]

秋は引退試合の季節だ。

いまから書く記事は、ブログ「野球の記録で話したい」に感化されていることは明白だが看過されたい。最近は完全にトリガーとして使っております。記事によると引退試合は真剣勝負の場においてやるべきではない、という。若手選手のアピールの場を奪う、公式戦でやるのは公私混同、と。 続きを読む


重ねて言うが、野球選手には「二つ名」が必要である。

ヤフー(ケータイでしか見れないのかな)のプロ野球速報には、ここぞというとき選手名の前に二つ名がつくのをご存知か。4月30日の試合だと7回表から始まる。
ピッチャー松田に代わって「タイミング投法」高宮がマウンドにあがる
大和魂を発揮する大和
「存在感のある打撃」狩野
「サプライズ・バッティング」俊介
「勝利まっしぐら」坂

勝利へは下り坂か、上り坂か。どっちも印象悪いな。 続きを読む


送球がランナーの手に当たるなんてこと、あるのねえ。森野も故意に手を上げているのではと若干思うけれど、反則ではないらしい。不可抗力に「見える」。サッカー語でいう「マリーシア」かな。故意なら反則なのだろうか。去年の西岡剛のアレだって、不可抗力に見えるようにラインの内側を走ったわけだから。この場合の不可抗力はボールが当たった際の言い訳に用意しているもので、それ以前に3フィートラインを故意であろうとなかろうと事実でもって裁かれたのは西岡にしても痛恨だっただろう。マア本人からすれば「もういいでしょその話は」だろうが。 続きを読む

このページのトップヘ