タグ:藤井彰人

スポンサーリンク





メッセンジャーが急に崩れた。

やる気なしバッティングなど取りざたされているが、うーん、マア、気持ちが切れることはあるだろう。なんだか一瞬、気持ちがリセットされてしまうというか、そっちばかりに気を取られて、あっちに気持ちが行かないときは確かにある。そっちというのはバッティング、あっちというのはバッティングのことです。 続きを読む


巨人っていまはどういう評価なんだろうか。

原監督の、世に言う「小林正捕手」宣言から阿部の出戻り。原因が相川の怪我という。スポーツ紙などではそう書いてあったが、そもそも理由として成り立っていないのだ。小林を出せばいいんだから。巨人ファンはどう見ているのだろうか。まさか信じてはいないだろう。そして阿部が怪我すると実松って。実松って。二度書いたが実松が嫌なんじゃなくて(巨人の起用にイヤもクソもねえが)、「小林正捕手」騒動は語り継がれるべき話題である。 続きを読む


松田遼馬の魅力とは何か。

去年、故障から復帰後即、時速150キロ出していた。病み上がりでだ。本調子でないなか豪速球を投げられるのは大いなる魅力のひとつだろう。藤川球児を思い出す。
球児を思い出す理由は豪速球だけでない。なんというか、出来上がっていないように見えるってやつだ。性格の良さ、育ちの良さがにじみ出ている。球児もはじめはそうだった。

ちなみに、球児が台頭してきたきっかけは清原和博にディスられたことだ。いわゆる「◯◯タマついとんのか」発言である。ストレートで勝負してこない投手に対し、マスコミを通じてディスる。そもそも、勝負とは自らの持てる「能力をすべて出す」ことであって、「ストレートを投げる」ことだけが勝負ではない。だから清原のマスコミを利用したこの手法は鼻で笑えるものだ。そこにあえて乗っかったのが球児、という認識である。 続きを読む


元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦の「野球キャッチャー育成プログラム」2枚組DVD
定詰雅彦さん、鉄砲肩。
アイガードしてもらわんと。


さあ新年。
今年もご贔屓にお願いします。
さて、1発目の記事はボヤキです、例によって。 続きを読む


梅野隆太郎に期待を寄せたのは私だけではないはず。
打った瞬間、下を向くクセがあるので凡退したかと思いきや打球がスタンドインするその裏腹さ。
レフトへのきれいな打球。
「ああ、夢あるなこの選手は」と思ったのは私だけはあるまい。
続きを読む

このページのトップヘ