タグ:能見篤史


良い試合だったんじゃないか、6回までは。初回のノーアウト満塁からの1得点は残念だったが(ゴメス初球ファウルフライ!)、両チームの意地が見えた。6回裏の巨人勝ち越しタイムリーもなんだか良い試合という印象。それにしても能見篤史、巨人に強いとの評判だが、この回でヒットを打ったのがフランシスコ、村田、金城!巨人じゃないやん。それを言い訳に勝負はこれからこれから!との思いはもろくも崩れ去りましたとさ。  続きを読む

スポンサーリンク





広島河内も息の長いピッチャーである。国学院久我山から競合指名の末広島に入団。当時から「大器」と言われた逸材。しかしそれにしても、左腕は左腕でも高卒左腕は伸び悩む、なぜこんな定説があるのだろうか。「素材型」だからなのか。しかしながら、大怪我を経ていまなお一軍のマウンドに立ち続けているのだから、やはり河内はドラ1だけのことはある。

久しぶりに見た河内は、なんだかこじんまりしたフォームで自信なさげに映った。そして鳥谷敬に打たれた。去年は3打数2安打、相性を考えるなら左対左のアドバンテージもないように見える。監督が変わり旧来のデータが採用されなかったのだろうか。 続きを読む


巨人っていまはどういう評価なんだろうか。

原監督の、世に言う「小林正捕手」宣言から阿部の出戻り。原因が相川の怪我という。スポーツ紙などではそう書いてあったが、そもそも理由として成り立っていないのだ。小林を出せばいいんだから。巨人ファンはどう見ているのだろうか。まさか信じてはいないだろう。そして阿部が怪我すると実松って。実松って。二度書いたが実松が嫌なんじゃなくて(巨人の起用にイヤもクソもねえが)、「小林正捕手」騒動は語り継がれるべき話題である。 続きを読む


オーナーズリーグ 2013 01 13弾/阪神タイガース/65/NW/岩本 輝

岩本輝、いいじゃないの。

やはり野球選手はケツだ。岩本はケツがでかい。デカくなった。うしろで守っている野手も頼もしく感じることだろう。ストレートは140後半出ていた。いつぞやの登板では(丸亀か)150を記録していたというが、甲子園は「終速」を計測するらしいし、岩本には「初速」で計測するといわれる神宮球場でのピッチングを見てみたいものだ。  続きを読む


プロ野球開幕まであと1か月!

その前にセンバツがあるのでワタシはソチラへまず行きます。
今年は高橋純平(県岐阜商)、平沼翔太(敦賀気比)、勝俣翔貴(東海大菅生)のピッチャー陣に注目したい。高橋は阪神ファンらしい。能見篤史が好きなんだとか。敦賀気比の福井県は、冬は雪か雨でグラウンドがべちゃべちゃになる。豪雪地帯よりもタチが悪いのだ。そんななかでボールを持たず走り込み作り上げた平沼の体力に注目。勝俣はなによりツラがまえが良い。各自ご確認のこと。

マ、それはいいとして、冬の間は高校球児よろしくワタシも野球の修行をしておりました。
なんのことかって、野球語の発掘です。
四六時中、気づいた野球語があればメモっておりました。
といいつつ20個前後と少ないですけれども、どうぞ。

前の記事と被っていたらすんません。 続きを読む


頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書)

紅白戦をダラダラ見た。
投手は能見篤史に藤浪晋太郎、岩田稔そしてランディ・メッセンジャーの揃い踏み。休日のお客さんへの顔見世興行。初っ切りみたいなものかな。いよいよシーズンが始まるなあ、という感じです。メッセンジャーがナックルを放ったりなんとなく全員がニヤケ顔だったのが印象的。マア、成績は問うまい。 続きを読む

このページのトップヘ