ウエスタン・リーグ開幕戦を見に行った。神戸総合運動公園野球場のサブ球場。メインのほっともっとフィールド神戸は一本道を隔てたところにあり、若干道に迷う。

阪神タイガースファームは10時ごろに球場入り。試合開始の12時30分まで2時間ほどみっちり練習する時間があるようだ。編成部入りした?木戸元コーチもチノパン姿でトスバッティングを手伝っていた。

ファームの試合を見たのは初めて。そこで気づいたのはベンチからの声援。この日は監督・コーチ、そして選手たちの声がよく飛んでいたと思う。まあそれが普通なのかもしれないのだけど、その声の「内容」について気づいた。それは、「叱る」ことがないということ。「なにやってんだ!」という、「反省を促す」ような声はいっさいない。記憶を辿って、プレーと声の内容について書いてみる。
続きを読む