タグ:横田慎太郎


オーナーズリーグ23弾 / OL23 / NW / 江越大賀 / 阪神 / OL23 078

阪神には3種類の開幕投手が在るという。

「シーズン開幕」と「本拠地開幕」、そして「巨人戦開幕」。
シーズン開幕戦に先発する投手の名誉、あの大甲子園のまっさらなマウンドに上がることのできる権利、そして永遠のライバル(と思っているのはコチラ側だけかもしれんが)巨人との伝統の一戦第一戦で投げる重責。

これは指導陣が投手にやる気を保たせるためのいわば方便らしい。おれ開幕投手ちゃうんか、ガッカリ。この落胆が自分に向けてでなく指導陣に向かうとコトはやっかいだ。自分にがっかりするだけなら自ずから練習場に足が向くのだろうが、他人のせいにしてしまうとプロ人生さえ危うくなる。そうしないための方便。モノは言いようだな、とも思うが事ほど左様に人の心はナイーブなのだ。 続きを読む

スポンサーリンク





『24 横田 慎太郎』サイン入り! 阪神タイガース iPhone6 iPhone6s ケース ユニフォーム柄(ホーム) カバー アイフォン6 SoftBank au docomo TL-STAR

開幕戦の負け方を見て、あと2戦は連勝できると思った。
金本知憲監督の言葉である。

なにがなんだかわからんがすごい自信だ!と言いたくなる。
この言葉がいつ発せられたのか、それは3戦目が終わってからなので、あとからだったら何とでも言えるわけだ。そこでちょっとン?とはなるが、開幕戦直後に言うと色々と問題がありそうだからあえて言わなかったのだろう。言霊というコトバがあるが、野球に関してはだいたい「逆をいく」ので。 続きを読む


別冊野球太郎[2016春]ドラフト候補大特集号 (廣済堂ベストムック 326)

阪神外野陣の充実ぶりが目に余る。

…いや、目には余らんわ、ノリで書いてしまった。目に入れても痛くない。
それにしても、監督が変わればこうも変わるかというくらいチームは変貌した。…かのように見えるだけでファンとしては嬉しいのだ。われわれはなぜこうも変化を求めるのだろうか。いままでもそこそこやっていけてたはずなのだが。そこそこではアカンってことなのかな。 続きを読む


BBM2014ルーキーエディション【レギュラーカード】058横田慎太郎/阪神

金本知憲が横田慎太郎について語ったことが記事になっていた。
彼を今後どのように育成していくかは、ファンも気になるところである。
「振る力と飛距離を持っているから、それを生かして小さくまとめないようにしたい。3年かかって3割10本の選手にするよりも、5~6年かけて3割40本の選手にするつもりで育てていきたい」
横田を金本&掛布に!3割40発5年計画‐デイリースポーツ
いいじゃない、こういうの。 続きを読む


人生賭けて―苦しみの後には必ず成長があった

阪神ファンとしては金本知憲氏が監督に就任したということで楽しみ反面、悲しみもある。悲しみというのはこれから待っているだろう状況を想像してのこと。そう、すでに悲しみを先取りしてしまうのだ。阪神ファンの醍醐味は、悲観であると言い切れる。

ズバリ言えば、「最下位」をすでに想像して悲しくなる用意はできている。
とりあえずは、球団が改革を前に押し出しているので、温かく見守りたい、とは思う。 続きを読む


横田慎太郎の身体の厚みが好きだ。

一度、遠目ながら彼と同じ地平に立ったことがあるが、やはり身長もデカイ。そして普段はどこを見ているか分からない面持ち。ノホホンとしているというか愛されバカというか。しかしながら3日のソフトバンク戦ではタイムリーを打ったあと大層気合の入った表情でダイアモンドを駆けまわっていた。
いいじゃないの。 続きを読む

このページのトップヘ