タグ:梅野隆太郎


オーナーズリーグ23弾 / OL23 / NW / 江越大賀 / 阪神 / OL23 078

阪神には3種類の開幕投手が在るという。

「シーズン開幕」と「本拠地開幕」、そして「巨人戦開幕」。
シーズン開幕戦に先発する投手の名誉、あの大甲子園のまっさらなマウンドに上がることのできる権利、そして永遠のライバル(と思っているのはコチラ側だけかもしれんが)巨人との伝統の一戦第一戦で投げる重責。

これは指導陣が投手にやる気を保たせるためのいわば方便らしい。おれ開幕投手ちゃうんか、ガッカリ。この落胆が自分に向けてでなく指導陣に向かうとコトはやっかいだ。自分にがっかりするだけなら自ずから練習場に足が向くのだろうが、他人のせいにしてしまうとプロ人生さえ危うくなる。そうしないための方便。モノは言いようだな、とも思うが事ほど左様に人の心はナイーブなのだ。 続きを読む

スポンサーリンク





メッセンジャーが急に崩れた。

やる気なしバッティングなど取りざたされているが、うーん、マア、気持ちが切れることはあるだろう。なんだか一瞬、気持ちがリセットされてしまうというか、そっちばかりに気を取られて、あっちに気持ちが行かないときは確かにある。そっちというのはバッティング、あっちというのはバッティングのことです。 続きを読む


巨人っていまはどういう評価なんだろうか。

原監督の、世に言う「小林正捕手」宣言から阿部の出戻り。原因が相川の怪我という。スポーツ紙などではそう書いてあったが、そもそも理由として成り立っていないのだ。小林を出せばいいんだから。巨人ファンはどう見ているのだろうか。まさか信じてはいないだろう。そして阿部が怪我すると実松って。実松って。二度書いたが実松が嫌なんじゃなくて(巨人の起用にイヤもクソもねえが)、「小林正捕手」騒動は語り継がれるべき話題である。 続きを読む


【 オーナーズリーグ】 松田遼馬 NB 黒 阪神 《 18 弾 OWNERS LEAGUE 2014 02 》 OL18 092

前日に書いたそばからこれかよ。

きのうと同じ展開ではないのか。表攻撃なら追いつくだけではやはりダメなのだ。
松田遼馬を責める気にはなれない。これで3勝2敗。
阪神の勝敗を一手に背負う男、松田遼馬である。 続きを読む


8回表、同点に追いついたあとの鳥谷敬ダブルプレー、ここで実質勝負はついていたように思う。9回表の気のない中軸の三者凡退を責める気にはならない。気のないのはそう見えるだけであって、「見える」だけで非難はできない。福谷に軍配、ってことで。

そもそも表攻撃のチームはこのような場合、追い付くだけではだめなのだ。追い越さないと。これは勝つためには絶対なのだ。裏攻撃であれば、ビハインドからは「まずは」追い付くだけで良いが表攻撃ではそうはいかん。心情的には結局ビハインドのままなのだ。今年のセンバツ出場チームにも、必ず裏攻撃を選択する方針のチームがあったはず。

それよりもやはりきょうは松田遼馬じゃないか。
素晴らしい。
続きを読む

このページのトップヘ