タグ:メッセンジャー


オーナーズリーグ21弾/OL21 C 023T関本賢太郎ST

マートン去就の話題はくすぶったままだ。
さらには呉昇桓、なんならゴメス、あげくのはてはメッセンジャーにも飛び火するのではないか。去年タイトルをとった外国人選手の総入れ替えである。他球団に行ったら行ったで充分に活躍しそうな気がする。マートン放出で見えてくるのは「オマリーの失敗」だが、オマリーの場合も性格がどうのっつって放出したんじゃなかったか。そうやって日本プロ野球を盛り上げてくれればいいよ阪神球団は(皮肉)。その代わりに、良い選手を連れてこれば良い。

これまでは彼らに対するいわれのない非難を擁護してきたつもり。しかし、放出するのも新しい外国人を獲得するのもビジネスの一環。ファンは快く送り出してやるのが筋だろう。 続きを読む

スポンサーリンク





サア雲行きが怪しくなってきたよ。

なにがって、スポーツ紙の論調であります。その徴候は補強失敗に終わったオフから感じていたが、ここにきてキツくなってきたような気がする。
マスコミのお仕事としては視聴者や購読者の共感を得たいわけだ。野村克也氏の「無視・賞賛・避難(選手の三段階評価)」に傚っていうなら少々強引だが「ふーん」「へえ」「そうや!」だろう。最低でも「ふーん」と思わせたいし、隠された事実を明るみに出し「へえ」ボタンを押させたい。そしてその上で「そうや!」と膝を打たせたい。書いてみるとあまりに単純化している気もするが、このあたりを目標にしていると思う。

スポーツ紙は、購読者に「そうや!そうや!」と思わせるため記事にキツイ見出しを掲げているということであれば、その見出しは購読者の気持ちを代弁している(と考えている)のだろう。 続きを読む


重ねて言うが、野球選手には「二つ名」が必要である。

ヤフー(ケータイでしか見れないのかな)のプロ野球速報には、ここぞというとき選手名の前に二つ名がつくのをご存知か。4月30日の試合だと7回表から始まる。
ピッチャー松田に代わって「タイミング投法」高宮がマウンドにあがる
大和魂を発揮する大和
「存在感のある打撃」狩野
「サプライズ・バッティング」俊介
「勝利まっしぐら」坂

勝利へは下り坂か、上り坂か。どっちも印象悪いな。 続きを読む


3安打で勝った。

3安打というと、散発3安打なんていうが、きょうの3安打は連続。しかも3本目はホームラン。これで勝ってしまえることがあるのが野球の不思議なところ。素晴らしい試合でございました。ごちそうさまでした。ヤクルトファン目線でいうと、大引が悪いよ大引が。 続きを読む


メッセンジャーが急に崩れた。

やる気なしバッティングなど取りざたされているが、うーん、マア、気持ちが切れることはあるだろう。なんだか一瞬、気持ちがリセットされてしまうというか、そっちばかりに気を取られて、あっちに気持ちが行かないときは確かにある。そっちというのはバッティング、あっちというのはバッティングのことです。 続きを読む


オーナーズリーグ 2013 01 13弾/阪神タイガース/65/NW/岩本 輝

岩本輝、いいじゃないの。

やはり野球選手はケツだ。岩本はケツがでかい。デカくなった。うしろで守っている野手も頼もしく感じることだろう。ストレートは140後半出ていた。いつぞやの登板では(丸亀か)150を記録していたというが、甲子園は「終速」を計測するらしいし、岩本には「初速」で計測するといわれる神宮球場でのピッチングを見てみたいものだ。  続きを読む

このページのトップヘ