カテゴリ:野球語


ご無沙汰しております。
リハビリと称して「野球語」でも書きたいと思う。

新機軸。「野球例えツッコミ」であります。テレビやお笑い界で重用されるジャンルに例えツッコミがございます。そこで、こと野球に関してのみ例えたツッコミフレーズを考えたいと思います。今回のテーマは「不可能・ありえない」であります。ある行動や事象に対して「そんなことは不可能/ありえない、◯◯くらいに。」といった具合です。…説明が難しいな。マア読んでいただければ。くりぃむしちゅー上田晋也氏の声色でもって東京弁で読んでいただければ幸いです。 続きを読む

スポンサーリンク





重ねて言うが、野球選手には「二つ名」が必要である。

ヤフー(ケータイでしか見れないのかな)のプロ野球速報には、ここぞというとき選手名の前に二つ名がつくのをご存知か。4月30日の試合だと7回表から始まる。
ピッチャー松田に代わって「タイミング投法」高宮がマウンドにあがる
大和魂を発揮する大和
「存在感のある打撃」狩野
「サプライズ・バッティング」俊介
「勝利まっしぐら」坂

勝利へは下り坂か、上り坂か。どっちも印象悪いな。 続きを読む


きのう書いた「野球語」で、少し気になっているジャンルがある。
投球に関するもので、「決め球」みたいなもの。最近はメジャーリーグからの「流行語」も輸入されてきていて、それが少しどころかたいそう気になっている。

これらはテレビを見ながら解説者のように言いたいというよりも、自分が投げるときに言いたい。言いながら投げたい。技名を叫びながら相手に技を繰り出す、特撮ヒーローモノの感じですよ。勝負を決める必殺技!敵役が「グエー」と倒れ、そして少しの後日談。そして次回予告。最後は主人公が「来週も、見てくれよな!」と〆て企業提供クレジット。そんな「決め球」に関する野球語であります。いや、分かっている。球種を言いながら投げたら打者にバレバレなことくらいは。

皆さんも大声で読みましょう(利き腕を振りながら)!  続きを読む


まだあった。声に出して言いたい「野球語」。
またまたGoogle+でコメントをたくさんいただいた。半分くらいはいただきものでございます。我田引水コレいかに。

たくさんあるものだなあ、自分でも何か作りたいわ。作って年末の流行語大賞にノミネートされてみたい。そして「ノミネートされるのは光栄ですが、選手たちの活躍があってのことです」なんつって辞退したい。過去ワタシが「JFK」に気づいていれば…。「あ!球児と久保田とジェフが連続して登板している!」気づいたスポーツ記者の感覚は鋭い。

過去の「野球語」はカテゴリを新設しましたんでソチラからどうぞ。 続きを読む


プロ野球開幕まであと1か月!

その前にセンバツがあるのでワタシはソチラへまず行きます。
今年は高橋純平(県岐阜商)、平沼翔太(敦賀気比)、勝俣翔貴(東海大菅生)のピッチャー陣に注目したい。高橋は阪神ファンらしい。能見篤史が好きなんだとか。敦賀気比の福井県は、冬は雪か雨でグラウンドがべちゃべちゃになる。豪雪地帯よりもタチが悪いのだ。そんななかでボールを持たず走り込み作り上げた平沼の体力に注目。勝俣はなによりツラがまえが良い。各自ご確認のこと。

マ、それはいいとして、冬の間は高校球児よろしくワタシも野球の修行をしておりました。
なんのことかって、野球語の発掘です。
四六時中、気づいた野球語があればメモっておりました。
といいつつ20個前後と少ないですけれども、どうぞ。

前の記事と被っていたらすんません。 続きを読む


(日めくり)まいにち、修造! ([実用品])

コレで最後。

野球語を集めて日めくりカレンダーにしたいんだけど。
2月1日からシーズン終了までの中途半端な期間のカレンダーでどうでしょう。 
週刊プレーボールの付録にならねえですかね。

先日からの記事更新で、Google+にて「こんなのもあるよ」とコメントで良いのをいただいた。
よって今回の記事にも混ぜてみました。
これぞ我田引水。正直、下半分はいただきものです。 続きを読む

このページのトップヘ