PPC-Tn01G関節技ボールジョイント メカグレー

原口文仁が持ち味のバッティングを披露しているようだ。
もともとは6巡目とはいえ支配下登録での指名。本業は捕手だがバッティングが注目されていた。しかし腰痛が原因で育成登録となったようだ。鳴尾浜ではファーストもやっていたんじゃないか。

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

さて表題の件ですが。
育成契約とはなんであるのかがよく分からないのだ。支配下には及ばないが将来的にはモノになる、そんなチーム関係者の思いで契約される選手たちなのだろう、ということくらいは分かるのだが。

原口のように怪我をした選手が治るまで「先送り」される枠になっているような気がする。と、怪我と育成契約の都合のいい使われ方についてはこの際置いておく。

きょう書きたいのはコレだ。
選手が「モノになる」。
その考え方はチームによって違うのではないか。

育成選手は「パーツの足りない」プラモデル

選手たちをプラモデルに例えるなら(唐突すぎますかね)、支配下契約で入ってくるような選手はその時点ですでに完成しているプラモデルだ。いっぽう、育成契約選手は「どこかパーツが足りない」けど「そのパーツはチームが用意できる」、そんなプラモデルだと思う。コーチ陣が「ここを、こうして、こうすれば」とパーツを加えて、「ホラ!モノになった」と世に送り出す。巨人山口のような。

この感じが一般的なのだとは思うんだけど、阪神の場合はチト違うような気がする。
チーム事情だ。

島本浩也、彼は左腕投手であることが重視されたのでないか。田上健一は俊足。当時のチーム事情で、「左腕」や「俊足」が必要になった。だから支配下登録された。そりゃ一定の実力を持っていないと上がれないことは確かではあるが、そこには本来必要であるはずの「育成」の目線はないんじゃないか。

育成選手はプラモデルの「足りないパーツ」

もう一度(まだ唐突)プラモデルに例えるなら、阪神の場合は逆に、チームじたいがプラモデルといえる。阪神というプラモデルの「足りないパーツ」を育成選手から探している。主語が逆なのだ。そういう意味で、育成選手自身にパーツを与えるといった考えはないように見える。

左腕投手は分かりやすい。野球全般の事情を考えても絶対数は少ないからだ。俊足もタイムという形でハッキリでる。「モノになる」判断がつきやすい。しかしバッティングというやつは目に見えない。いや、飛んだボールの飛距離は見えるが、それもこれも、ボールをバットに当てなきゃ始まらない。そもそもが打席に立たせないと判断するすべもない。2軍で打てても1軍でどうか、という疑問も必ずついてまわる。「モノになった」かどうかが分かりにくいのだ。

だから、阪口哲也や穴田真規といったバッターはこれからというところで退団することになった。そりゃそうだ、足りないパーツならアメリカやドミニカに買いに行けば手っ取り早いのだから。

原口文仁には頑張って欲しい。
なにせ帝京高校のクリーンナップ。名門校でチームの中心を張り、甲子園でも活躍した選手。このままで終わろうはずもない。本来の意味で「モノになる」、そんな日を待ちわびています。

『124 原口 文仁』サイン入り! 阪神タイガース iPhone6 ケース ユニフォーム柄(ホーム) カバー アイフォン6 SoftBank au docomo TL-STAR

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

  1. 1 NANASHI 2016年03月02日 14:16 id:wrm98y4E0
    今年は記事書かれないのですかね

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット