中谷将大、今シーズン初先発!

試合前に期待していたことがあった。鳴尾浜での中谷の立ち居振る舞いである。彼は大きな身体に見合った心根の持ち主だと感じていた。いわゆる「おおらかさ」である。

阪神球団が選手を育成する特徴としては俊足巧打のイメージがある。やはり赤星憲広の成功例がそのイメージに大きく寄与している。コーチ陣が選手の野球偏差値を上げて、1軍に割って入らせる。悪く言えば「脇役」タイプ。中谷は彼らとは違い、コーチ陣が教えても教えられない部分を持っているという評価だ。プロたちは言う。「ボールを遠くへ飛ばす、言葉にすればシンプルだがこれがもっとも教えられない才能なのだ」。中谷には性格のうえでもプレーのうえでも「おおらかさ」を感じていた。

そこで、今回の試合ですよ。 

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

中谷将大に期待したい「おおらかさ」

1打席目はショートゴロ。果敢にも初球を打って出た。今年はじめての1軍、緊張するものだろうがそこを初球からスイングするなど、なかなかできたものじゃないと思う。試合前からスイングすることを決めていたのだろうか、それとも打てると思ったから自然にスイングしたのか。どちらでも構わない、その意気や良しである。

それがどうだ、2打席目。
三球三振、見逃しであります。

それはワタシの求めていた「おおらかさ」じゃないよ。もうスタイルを変えたのか?打席ごとに考えを変えるなんていう、せせこましい姿は見たくなかったわけである。途中で替えられてしまったが、たとえば4打席すべて初球ショートゴロでいいじゃないの。

今年は同い年の江越大賀が入団し、あまつさえ1軍スタメン出場を何度か勝ち取った。阪口哲也など同い年の選手が戦力外通告を受けていた中、新たに出現した同い年のライバルに先んじられているわけだ。中谷の気負いたるや、正直、想像に絶する。しかし、そんなことさえも感じさせないプレーぶりを見せてほしかった。

次だ次。 

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット