きょうは1番西岡剛、2番上本博紀。
開幕から、2番という役割を「考えすぎた」という上本が再びつとめることになるとは。一度離れて分かるその役割、といったところでしょうか。また考えてみなさい、そんな首脳陣のメッセージなのかも。考え過ぎちゃうんで、2番はボクできないっすとは上本も言えないし言うつもりもないだろう。次世代のタイガースでは3番も見えてくる、打力を磨きながら色んな打順を経験していけば。そんな親心みたいなものも感じる、のは妄想が過ぎますかね。

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

岩田稔のタイムリーは、なんというか「投手のバッティング」というかんじがして良い。バットを振るというよりは身体の回転だけで球を運んだ。ヒーローインタビューでは打席に入る前、「ここで打ったらヒーローだな」と思っていたと発言。なんたるメンタル。プロたる者はこうでなくっちゃ、である。

こういう場面に出くわすと、DH制じゃなくて良かったと思う。チャンス/ピンチで次の打席に回ってくるのがピッチャー、ここで見る者の諦め/期待を覆すのが野球の面白いところ。攻守両面に言えることだ。たとえ悪い結果が出ても、悔しいけど面白いと言いきれます。ワタシの感情は左右されっぱなしですが。きょうは良い結果が出て一安心。

西岡剛、走攻しているうちに守が伴う。

それにしても西岡剛である。
グラウンド外での発言にはこのブログでもいろいろと書いたが、ことプレーに関してはまったく心配していない、ということも以前書いた。岩田もヒーローインタビューで「タイムリーに至るまでの前打者のつなぎ」に関して聞かれているのに、西岡の「守備での」ビッグプレーをわざわざ口にしている。ルナの三直についてだ。殺人的な速度のライナーをあろうことかジャンプ一番(なぜ「一番」と付けるのだろう。これも野球語ですな)ナイスキャッチだ。どんな反射神経をしているのだろうか。理解に苦しむ(いや、褒めてます)。

心配されたサードの守備ではあった。素人からすればセカンド・ショートができるならサードくらい、と思いがちだが、そもそも守備位置が打席により近いし、右バッターなら力いっぱい引っ張られた打球が向かってくるわけだ。しかししかし、テレビ解説の方々も言っていたようにサマになってきているのではないか。これに関しても以前書いた。

「以前書いた」、この流れでついでに書いておきたいが、西岡の「二つ名」を打って走って恋をしてと命名した。実は2番めのお気に入り(1番はマートンの技術と性格を缶コーヒーに例えた)なのだが命名の理由については言いづらいところもある。これはナンダ、アレだ、グラウンド外でも「お盛ん」なようなので。クルーザーをチャーターしたり芸人さんと会食したり。マア、そういうことです。

チームはいまカタチ作られている最中。あれこれ試しながら、想定外の事案を解決しながらシーズンは進んでいく。完成までは道のりが遠いかもしれないけれど、やいのやいの言いながらでも飽きずに見守っていきたい所存であります。

参考文献

【雑談】野球選手には「二つ名」が必要である。 : ちな虎

西岡剛も江越大賀も、そうこうしているうちに守備が様になるはず。 : ちな虎

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

  1. 1 2015年05月05日 20:32 id:KwpYjLr50
    上本は普段の芸風のまま2番をやればいいんです。小技とか気にしなくていいから。類まれな選球眼とリーグトップの粘りがあれば送りバントや進塁打なんかいらんのです

    自分の草野球チームでも、野球経験者の子が「セカンド・ショートは打球を読む楽しみがあるけど、サードは反射神経と根性の世界やから嫌」と言ってました
    その話を聴いて思ったんですが、守備範囲が狭まってきたベテラン選手をサードにコンバートすることがよくありますが、プロ野球選手って年とっても反射神経は鈍らないということなんでしょうか
  2. 2 ちな虎 2015年05月05日 21:04 id:Do0eav4j0
    哲さんどうも。

    芸風って言い方いいですね。使お。
    プロ野球選手はバケモンですからね。年をとって神経が鈍っていても、その間にグラブのハンドリング技術が培われているのではないでしょうか。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット