5月頭はゴールデンウイークのゴールデンタイムだ。この時期に東京ドームで試合をされるのはなんだ、球団の営業力の差か。巨人にはかなわないのか。もしワタシがコミッショナーなら、初夏はドーム球場禁止にしたい。日差しと風を感じながら見るのがいいのでしょうよ。そしてこの勢いで言ってしまうが、近鉄南海の企画試合をするなら青空の下でやれ。

…負けた試合を見たので幾分、攻撃的になっているようだ。
頭を冷やして、ここからは阪神選手を褒めていきたい。 

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

江越大賀を褒めてみます。

大田の打球、江越大賀は追いきれてないように見える。直撃したフェンスもそんな高くないようだった。ジャンプせずとも捕れる高さ。大和だったら…と思いもするがそれは言ってもしかたない。ピッチャーとしてはアソコまで飛ばされている時点で負けだろうし。入団会見でも発言するほど自信があったはずの外野守備、江越はいま悪戦苦闘している。外野守備には技術云々というよりも慣れが必要なのだろう。

あれ、褒めてないな。

バッティングに関しては惜しかったというか7回のライトフライは良かったんじゃないか。高めの球だったが力が伝わるスイングをしているように見えた。素人で申し訳ないですが。こないだはホームランも打ったが、江越のバッティング技術については「足りている」ような気がする。あとは慣れだ、慣れ。最終回も江越に行かせてやりたいところだが、これはチーム編成上しょうがない。選手にも格というものがあり、アノ場面で出てくるのが関本賢太郎の格であろう(判で押したような采配には色々思うことがあるがそれはまた別の話)。

つづいて、藤浪晋太郎を褒めます。

それにしても藤浪晋太郎、これで勝てないとは。
藤浪にはやはり、いわゆる脱力投法よりもこの試合のようなピッチングが似合う。ヨーイドンから全力で、球場を支配するような。相手打線を牛耳る、そんなピッチングがいい。そして、また色気を出した。完投負けの色気である。点を取られてから意気消沈せずダブルプレーに斬って取り、8回裏もわずか8球で終わらせた。さらに9回表にはベンチ前でピッチング練習ですよ。いいじゃないの。そういうの、そういうの。そういうのが見たい。藤浪はチーム勝敗がどうあろうと最後までグラウンドに立ち続けてほしい。

負けたのは残念ですが、また次回ってことで。
このピッチングであれば5月月間MVPでしょう。

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 1 まい 2015年05月04日 00:30 id:6yz6XfrfO
    底が丸見えの~わかったようなわからないような理解力がないのかも?

    昨日は負けましたがインコースもきっちり投げれて150キロ連発してたのでよかったと思いますね。

    ちな虎さんが言うように藤浪は 器用なタイプではないので、思いっきり腕振って速いボール投げる事で緩急つけれるので…まだ脱力投球は早いですね。
    せっかくあれだけのスピードボール投げれるんで長所を生かしてほしい。
  2. 2 ちな虎 2015年05月04日 13:03 id:1FHh24jW0
    あたたかく見守りましょう。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット