まったくもって山井はふてぶてしい。

いまの阪神の立場であれば初回4点はとてつもなく重い。あのような展開なら先発投手は早々に諦めるのかもしれない。しかし山井はいわゆる「晒し投げ」になることもなく立ち直ってしまう。一方の岩崎優は4点が逆に重荷になってしまったのか、どうも自信がないように見えてしまった。相手があることなので同点に追いつかれることはまだいい。その時点で替えられてしまうところに課題がある。まだ同点なんだからよ、気にすることはねえや、チカラでやれ力で(アントニオ猪木)なのだけれど。

というわけで岩崎優には、山井のようなふてぶてしさがほしいところであります。

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

打線の組み換えがとりあえず当たる

これまでも数人の解説者が提唱していた「2番西岡剛」が採用された。たしか金本知憲氏も言っていたはず。和田さん、新聞読んでるのかな。これは西岡自身の「野球偏差値」の高さに賭けようという理論らしい。あとは、1番上本博紀が出塁したとき、相手がその足を警戒するという理由もあるようだ。鳥谷敬、西岡は盗塁が警戒されるわけではないし、今シーズンも走っていない。和田豊監督は盗塁を今シーズンのスローガンのひとつにあげていたが、いまのところはいまひとつ。
そして鳥谷は例によってというかなんというか、3番に落ち着いた。

このところの阪神の議題は「鳥谷敬の処遇」

鳥谷という選手の能力が高い故だろうが、その起用法は毎度変わる。
打つ方ではこれまで、3番、いや1番、いやいや4番に置いてみよう、でもやっぱり3番かな、という流れがあり、今年は1番でやってみようよ!とスタートしたけどやっぱり3番なのかな、とふらふらしている印象だ。守備の方でも遊撃手としていつまで使い続けるのか、そろそろ若手にもチャンスをあげておかないと、ということもあったりする。
鳥谷に罪はない。「替えが効かない」選手層に問題がありそうだ。

「日本一」の阪神は「替えが効いた」選手層

1985年あたりの阪神はまさに「替えが効く」選手層の厚さであった。岡田彰布は大学時代の三塁から二塁、真弓明信は遊撃から二塁そして右翼。岡田と真弓はシーズンごと二塁と外野を入れ替える時期もあった。掛布雅之は不動の三塁だが1982年のオールスターゲームで、原辰徳に三塁を譲る形で一塁に入ったがそのときにトリプルプレーを達成している(もんのすごい、強肩)。これはあまり関係ないか。しかし現阪神スカウトの佐野仙好は掛布と三塁を争っている。そして全員、なにかしらのタイトルや受賞をしているビッグネーム。

嗚呼、懐かしい。

求ム。「対」となる選手。

鳥谷をいろいろと動かしてもチームに結果が出ないのは、鳥谷の「対(つい)」となる選手がいないことが問題なのだろう。これは鳥谷だけではない。福留孝介の「対」もいまのところは現れず、大和の「対」となりそうだった江越大賀は現在ファーム。西岡の「対」となることができた上本博紀のような、ベテラン捕手陣の「対」となった梅野隆太郎のような選手が早く出てきてほしい。

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット