プロ野球 最高の投手は誰か: 名投手列伝

阪神タイガース先発投手陣は4枠まで埋まっている。
確固たる柱が4本もあるのは大きな強み。5番手が〜6番手が〜と腐す向きもあるだろうが、前の4本の安定感を考えるとこの悩みは贅沢すぎやしないか。

1週間を6連戦(ABCDEF)だとする。阪神の場合はCとFを埋めれば良いわけだ。そこに5、6番手を持ってくれば良い。連敗を免れるためには3連戦の真ん中(B、E)に持ってくるという考え方もある。どちらにせよ、余裕があるので遊べるというか。

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

5番手は岩崎優が当確!

キャンプ2軍スタートの岩崎優が割って入ってきた。
大好き。いわざき。
左肩の不安があったというが、去年の実績から見て、実戦で結果が出さえすれば即当確なのだ。出世したなドラ6。でもなんつうか、あのようなタイプを「使える!」と判断するには勇気がいることだろうと思う。

お笑いに例えるのは恐縮だが、ダウンタウンの若手ペーペー時代、漫才をみた坂田利夫氏が「お前らオモロイな!」と声をかけてきたという。ダウンタウン以前、実はあのタイプの漫才はなかったのだ(いまや溢れかえっているが)。前例がないモノに対して即判断を下せる坂田氏の慧眼。そのときの坂田氏はチョンマゲがやたらに長い殿様の格好(もちろんフルメイク)をしていたらしく、その風体かつ真顔で声をかけられたダウンタウンのふたりは「いやオマエのほうが絶対オモロイやろ」と思ったという。

ハア…余談余談。
マアその話は置いといて、ピッチャーの能力は数字に表れない。ドラフト会議が近くなると「最速152キロ」とか「多彩な変化球」とか「◯◯のダルビッシュ」などと分かりやすい見出しが踊るが、岩崎の場合はとくにそういう惹句はないのだ。それが5勝してしまうわけだ。もうここまでくると訳が分からない。岩崎にはどちらかというと、「よく野球を続けていたな」と思う。周囲の「見る目」が優れていないと、ややもすると上のレベルには上がれないタイプのピッチャーではないか。

和田の130キロ台はなぜ打ちにくいか (講談社現代新書)

先発6番手はダレだ?

候補には岩本輝、石崎剛、金田和之の名前が上がっている。明日3日、ソフトバンク戦に石崎と岩本が登板予定。金田は2軍での教育リーグで投げる予定らしい。とりあえず今週末までには一定の答えが出揃うようだ。そしてなにより、横山雄哉が未だ見ぬ強豪として残されている。

でも、こうも思います。
6番手は「若手チャンス枠」としてずっと「未定」で残しておくのも手ではないか。M−1でも敗者復活枠があったのだ(またお笑いの話!)。今年は交流戦の日程が詰まり、公式戦には余裕がある。9月恒例の連戦は、長くても7つのようだ。先発に関しては切羽詰まることはなさそう。中西清起コーチといえば先発枠に関するボヤキばかりが新聞に載るが、内心ほくそ笑んでいるんじゃないか。

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

  1. 1 NANASHI 2015年03月05日 04:56 id:Xw.i4i.d0
    岩崎投手、いいですよねえ。
    地元出身の選手がこうして活躍してくれると本当にウレシイです。
    でも、解説を聞くまでなんでプロを抑えられるのか分からず、聞いて一応納得しましたが、それでも不思議で、なんで130キロそこそこの球速でNPBの名だたる選手が差し込まれてしまうんだろうと今でも不思議です。
    でも、抑え方もインタビュー等で見る様子も不思議な魅力があるので、今後も活躍を見れたらなあと思います。
    ええと、記事の話に戻りますが、投手陣もさることながら、江越選手や横田君をはじめとした若手野手も将来が楽しみな選手が多く(江越選手は即戦力かも?)このままだと上手く行かなかった時に感覚が贅沢になっていてまずいかなと思うほどです。
    能見投手やドメさん等のベテラン勢がバリバリやれるうちから脅かす程伸びて欲しいなあと思います。
  2. 2 ちな虎 2015年03月05日 16:32 id:AdB6actS0
    NANASHIさん
    静岡のご出身!
    記事にも貼ってるソフトバンク時代の和田毅を題材にした「なぜ打てないのか」本、読んでも結論が分からなかった記憶がありますです。
  3. 3 NANASHI 2015年03月06日 02:49 id:NougT0BI0
    私は卓球だったので、やってた競技は違いますが、ギリギリまでどういうボールを出すのか分からない事と球質によるイメージに対するボールの軌道のズレの気持ち悪さは何度も体験しているので、ああいう感じなのかなあと思った次第です。
    そういう選手に当たった時に、スイートスポットを外れまくって全然いいボールが送れなかったのが、ちょっとずついいところまで打球が届かないのと似たようなものだと考えれば感覚的には納得がいくかなと思いました。
    当たっているかは知りませんが(笑)
  4. 4 ちな虎 2015年03月06日 08:38 id:NBnq4SGj0
    NANASHIさん
    なるほど、「ボールが思ったよりも”来ない”」ってやつですかね。
    バッティングでも守備でもあるみたいですよ。
    4日、西岡がエラーしたのもそんなかんじかもしれません。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット