頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書)

紅白戦をダラダラ見た。
投手は能見篤史に藤浪晋太郎、岩田稔そしてランディ・メッセンジャーの揃い踏み。休日のお客さんへの顔見世興行。初っ切りみたいなものかな。いよいよシーズンが始まるなあ、という感じです。メッセンジャーがナックルを放ったりなんとなく全員がニヤケ顔だったのが印象的。マア、成績は問うまい。

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

1番上本博紀、2番大和のデモンストレーション

体調不良でベンチにいなかった和田豊監督だが、今季もこれでいくぞ!という構想が見えた。1回。藤浪を相手に1番上本が出塁、そして盗塁。続いて2番大和が進塁打、そして3番今成亮太がタイムリーヒット。左打者・今成を心眼で鳥谷敬に変貌させる。ああ、これだ。このあっさりした点の取り方。赤星憲広時代を思い出す。相手投手のボルテージが上がりきらない内に点を取れるのは、大きなアドバンテージであります。

荒木郁也、よもやのホームラン

荒木、好きなんですよ。日大三高から明治大学。近年の野球エリートの新たな形ではないか。テレビ越しで見ると細身に見えるが身体が強いのだ、たぶん。韓国プロチーム戦での同点タイムリー、そしてメッセンジャーからのホームラン。バットを強く振りきれる左打者、しかも俊足。さらには小兵の部類。赤星憲広時代を思い出す…のはチト強引か。

試合の総評

きょうはランナーが暴走気味だった。盗塁企図8回のうち成功3回。実況サンは「今年のトラは走る走る!」と言っていたがよく刺されていた。これには目が誤魔化されそうだ。なんとなく思ったのは、「拙い打撃を積極的な走塁で覆い隠そうとしている」のではないか。主力投手を前に試合が淡々と進んでしまうと危惧したコーチ陣が、苦肉の策で走れ指令を出したのではないか。
…という、なんらかの意図を感じてしまうのはワタシの性根が腐っているからです。

マア、顔見世興行だからね。

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット