遊撃手論

鳥谷敬の残留は、マア、良かったのかも知れない。

というかんじで、なんだか言い澱んでしまう。
というのも、鳥谷離脱後の阪神を見てみたかった気がするからだ。
というか、見たかった。

鳥谷がメジャー移籍を果たしていたら、残された阪神タイガースはおそらく3位以内に入らないだろう。まさに「残された」という表現が似合うチームになったであろう。しかしそれと引き換えに、なにかしらの「萌芽」を見て取れるんじゃないかという期待があったのだ。若手選手のつぼみが芽吹く瞬間を見ることができるんじゃないか。そんなことを期待していた。


卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

阪神タイガースの体質の変化

阪神タイガースはいつのまにか、常勝を義務付けられるチームとなってしまった。
2度の優勝を経て、ファンの意識が変わったのだろう。

そして球団上層部も変わったんじゃないか。とりあえず補強、この考えがかつての巨人っぽいと言われるがそれも頷ける。常勝をいきなり義務付けられてしまうと、おっかなびっくり他の常勝球団を手本とするしかないのだ。形だけ追い求めてしまうので、批判も多くなる。

阪神はまだ、かつての巨人の手法を模倣している段階なのだろう。その巨人が生え抜きの育成に成功しつつあるのは、次の段階へ進んでいる証だ。その意味で阪神は巨人に一歩半ほど遅れているといえる。

チームの体質をいち選手が変えるのは難しいだろう。
しかし、しかしである。
若手選手に対する注文はこれだ。
鳥谷がいるうちに、鳥谷をショートから追い出せ。
これができれば本物だ。

ショートを守る選手の変遷を思い出す。

真弓明信くらいからさかのぼってみる。
彼はバッティングを活かすために二塁、そして右翼へコンバートされた。その後釜が平田勝男。平田氏に言わせれば「守備に関してはオレが上だ」とルーキー時のキャンプのときに見て取ったという。そして平田勝男はショートで4年連続ゴールデングラブ受賞。しかし村山実新監督就任の際に、和田豊にポジションを譲る。これは新監督が「色」を出そうとした結果であるとワタシは見ている。

和田豊は1年契約。その次は…

和田豊の次に就任する監督は「色」を出すかもしれない。
それが、ショートのポジションかもしれない。
この件に関して若手選手に言っておきたいことがある。

それでは遅い。
今年中に鳥谷をショートから追い出すことが、本物と認められる証となる。 

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット