大学日本一になって即プロ入り、こんな経歴はなかなか作れるものじゃない。
ドラフト指名されたあとの大会に出場。注目が集まる中でのプレーはさぞかし楽しかったことだろう。しかも勝っているのだ。
江越大賀のことです。
このことだけで、ワタシとしてはけっこう期待が高まっています。 

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

さて表題の件ですが。

野球において、外野手が「追い出された者」の集まりであることは周知の事実ではないか。
少年野球では、有望な選手に投手か捕手をさせる。プロになる選手はだいたいこの年代ではバッテリーをつとめている。マー君しかり坂本勇人しかり。あ、同じチームじゃないか。そして、少なくともセンターラインを守っている。さらに打順はクリーンアップ。

高校生の年代になると、強豪校にはそんな選手が集まる。
そこからほかのポジションに割り振られていくわけだ。
これは数年前に夏の大阪府予選を見に行った話だが、近大付属の試合のとき隣の高校生が言っていた。
「外野手は全員、中学時代にエースやったんやって」

中学までお山の大将だった選手が、強豪校で投手枠からはずれ外野手をやっている。
高校ともなると内野手、とくにセンターラインは「本職」感が出来上がる。強豪校ではさもありなん。投手枠を外れたとはいえ、おいそれと内野転向はできないのだ。そんなわけで外野手争いへ、となるのだろう。
プロ入りする外野手も、どこかの年代で外野に「追い出された」経験をしているのだと思う。

阪神タイガースの外野手転向

プロでも内野手の外野転向はよくある話。
阪神では八木裕もプロ入りはショートだった(高校では投手だったな、確か。しかもアンダースロー)。亀山つとむに至っては今でも時折「ぼくは内野手失格と言われた人間なんで」と言ったりしている。新庄剛志も1軍に出てきた当初はオマリーの穴を埋めるべくサードを守っていた(なんで90年代の選手ばかり思いつくのだオレは)。

いっぽう大和は試合に出たくて外野へ自ら赴いた。
決して追い出されたワケではない。ポジションと試合出場のこだわりを天秤にかけ、外野へ向かった。その決断には敬意を払いたいし、その後の活躍を見てもハッキリ言って尊敬しかない。しかし大和の場合は「せざるを得ない」状況だったことも確かだ。鳥谷という大きな存在の前に、転向せざるを得なかったワケだ。

江越大賀に対する期待は、大和への期待でもある

江越は、その状況を作ってしまえば良い。
大和をすべてにおいて上回れば良い。
すべて上回るのは無理にしても、総合点で上回れば良い。
守備では負けたとしてもバッティングで余りある「ポイント」を取れば良いのだ。
そうして大和を外野から追い出してしまえば良い。

心配ない。
大和は外野から追い出されても、内野手として及第点を大きく(それこそ大きすぎるほど)上回るプレーを見せてくれるはずだ。

ワタシは、江越ひとりに対して大和を困らせろと言っているのではない。
ワタシは、江越と大和ふたりに言っているのだ。

和田豊監督を困らせろ。 

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット