オーナーズリーグ OL19 N(W) 岩崎 優/阪神 OL19-087

おそらく岩崎優を嫌いなファンはいないだろう。
っていうか好きだろ。
ワタシも好きです。

契約更改では840万円増の年俸1500万円でサイン。
今年は660万円だったのか。お得だな。

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

岩崎優が初登板した夜

2013年ドラフト6位。
本人も指名に気づかずチームメートに言われて驚いたらしい。

それが開幕5戦目で先発登板である。

阪神の開幕はそりゃもう散々たるものだった。
能見ちゃん悪夢の10失点、西岡剛のアクシデントに始まりその後も投手陣は崩壊、春先の「今シーズン終了」を覚悟した方も多いだろう。

試合先発投手投球回数失点試合結果
開幕戦
能見篤史
4回2/3
10
4‐12
2戦目
メッセンジャー
6回
5‐3
3戦目
榎田大樹
3回
3‐12
4戦目
藤浪晋太郎
7回2/3
0‐10

5戦目、岩崎はナゴヤドームに乗り込み中日を相手に投げた。
そして「まさかの」5回無失点。
打線も頑張り、勝ち星をつけてあげた。

試合先発投手投球回数失点試合結果
5戦目
岩崎優
 5回 
15‐0

プロの見る目に脱帽

選手たちは、入団した瞬間から横一線。
理想はそうだが、岩崎はドラフト6位。素人目に見て、6位よりも1位のほうが少しは優遇されるものと思っていた。よくもマアここまで「這い上がった」ものである。

球速があるわけでなし、コントロールが抜群というわけでもない。

開幕4戦目まで投手陣がいまいち実力が発揮できない中、1軍のアノ状況のなかで和田監督をどう説得したのかというのも興味がある。岩崎は開幕直前からこの日のために調整をしていたんだろうが、投壊中にドラフト6位のルーキー投手を送り出すのはとても勇気がいることだったろう。
しかし、もしかすると2軍コーチ陣はある程度の確信を持っていたのかもしれない。

ここに、プロの審美眼というのか、見る目のスゴさを感じるのだ。
ブルペンでの投球を見て「お!これは…」と思い、バッターに投げさせてみる。
そこで実際に打者を抑える。「お!この打ち取り方は…」と今度は試合形式で投球させてみる。
そこでもまた打者を抑える。

ここまでくるとコーチとしては確信に近いだろう。
「1軍で充分投げられるんじゃないか」

岩崎優の超人的な下半身の粘り

岩崎の良いところは下半身の粘りじゃないかと思っている。
右足が、踏み込む、いやまだ。もう踏み込む、いやまだだ。ここで踏み込む!というかんじだ。

09
右足が上がる。

06
踏み込む?まだだ。

29
ここで踏み込む?いや、まだだ。

05
そして腕も遅れてくる。

以前も書いたが、岩崎の良さは「ゆっくり」であると言える。
あらゆるスポーツはスピードが勝負だ。野球でもそうだ。
球速、バットスイング、足の速さ、送球の速さ、準備の速さ。
そんな野球界で、「ゆっくり」こそが生命線になるという逆説っぷりである。

そしてこの「ゆっくり」は、鍛えぬかれた下半身があってこそなのだろう。
見てみい!上の写真4枚目のプリケツっぷり!



下半身の粘りで思い出すのは野茂英雄のトルネード投法。
アノねちっこい、糸は糸でも納豆の糸のような粘り。
野茂がゆっくりおこなうトルネードは、打者さえなにもできない時間をつくり出した(そりゃそうだ、ボールを投げていないんだから)。

岩崎の生命線は、打者たちが手出しできない時間を長くつくることだ。
ゆっくり、ゆっくり、1球ずつ丁寧に投げてほしい 。

岩崎優の来シーズンの課題はなにか

岩崎の「ゆっくり」は相当筋力を使うと思う。
5月の登板は、試合中の疲れが投球の内容に出たんじゃないかな。
ピンチになると「ゆっくり」が少し急いでしまう印象があった。

試合投球回数投球数失点勝敗
5月 1日
4回1/3
80
負け
5月 7日
4回2/3
110
負け
5月18日
5回
63
5月29日
4回2/3
89

夏以降は7回まで投げきる試合もあった。
1年を通してローテーションを守る体力さえつけば、来年は2ケタ勝利は確実だ。

参考文献

岩崎優のなにが優れているのかを考え過ぐる夜 : ちな虎

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット