新聞で見る限りだけど、若手選手の活躍はうれしい。
秋季キャンプでは他チームと対戦することがないので、あくまで阪神内の基準で活躍した/しないの話。
それでもやっぱり記事で名前たちの近況を見るのは楽しい。 

卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

陽川、鶴からホームラン

紅白戦で、特大の一発を放った。紅組の「4番・遊撃」で先発出場し、二回、左翼ネット上段へ。見守った掛布DCも「1軍レベルより上の打球」と驚きの表情だった。
陽川弾に掛布DC「1軍レベルより上」‐デイリースポーツ
正直、紅白戦での活躍は痛し痒し。
陽川がホームランを打ったということは、鶴がホームランを打たれたということである。
喜べばいいのか、落胆すればいいのか。
掛布DC(自分のなかでは定着しない、この言い方)の声は松村邦洋さんで再生したい。


ところで陽川、遊撃なのか。三塁ではなかったか。記事には二塁守備にも挑戦していると書いてある。
守れるところが多いほうが1軍でチャンスがあるからだそうだ。
打てるんだったら打つ方を伸ばしたほうがいいんじゃないかと思うがどうだろう。
ぜひ1軍での三塁固定を見てみたい。

横田、掛布雅之の守備力を知らなかった

午前中のウオーミングアップを終え、2人組での打撃練習に移った場面。横田は「掛布さん、ゴールデングラブ賞取ったことあるんですか?」と素朴な疑問をぶつけた。
阪神横田、掛布DCの偉業知らず…‐ニッカンスポーツ
出た。横田の馬鹿説(野球馬鹿ではなく真性馬鹿)を裏付けるエピソード。
父親は元プロ野球選手、だけでなくベストナイン2度の超一流選手。
父親と同時代にプレーしてきたハズの掛布さんのことをなにも知らないという。
ここに父親の度量の大きさを感じる。あえて伝えていない。息子も聞くことがない。
これで馬鹿(野球馬鹿ではなく真性馬鹿)が育つのだ(いや、いい意味で言ってます)。

わたしが見た掛布雅之のえげつない守備

この記事を見て思い出したのは1982年のオールスターゲーム第3戦。
大阪球場で行われたこの試合のVTRを、居酒屋「難波のあぶさん」で見たことがある。大人になってからみる「子どものときにみた映像」は強烈だった。
ファーストについた掛布(サードは原辰徳)はトリプルプレーを成し遂げたのだ。
満塁の場面、たしか6‐4‐3のダブルプレー。真弓、岡田ときて送球が逸れた。
掛布は転倒しながら捕球(アウト)。三塁ランナーが悠々と本塁に返ろうとするところを掛布は、すぐさま立ち上がり本塁に送球。そのときのボールがすごかったのだ。カメラがついていけないほどの豪速球。
掛布さんは肩がめっぽう強かったのだ。

まあ、その話は置いといて。

鳴尾浜の外野手事情が一変

横田の急成長で、鳴尾浜の外野手事情が一変しそうだ。
一二三、中谷は来年、正念場だろう。
去年は鳴尾浜の試合後、よくふたりが並んでケージに入り打撃練習をしていた。
飛距離を競い合うように打球を飛ばしていた。

一二三と中谷を比べたとき、どちらかというと一二三のほうが先に出てくるのかと感じていた。ただの印象だが、中谷のほうがおっとりしている感じだったからだ。
どんな理由やねん、というつっこみは甘んじて受けるが、長距離砲ならではのおっとりな性格というのはあると思う。
だから、チームを背負う存在になるのはなんだかんだいって中谷なのかなと思っていた。

来年は江越大賀も入ってくる。
走攻守そろった選手らしいし、なんせ名前が大賀である。 
クリーンアップを任せたい大型の選手が揃ってきた。 
一二三、中谷、横田、江越が1軍の外野陣に割って入るようになれば…。

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット