岩田は、勘違いしている。

開幕2戦目での好投の翌日、紙面には「ぼくは打たせてとる投手なので」という旨の発言が載っていた。この発言、去年も繰り返しており、気になっていた。岩田にとっての岩田は「打たせてとる投手」。これが岩田の勘違いである。



卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

野球選手だけでなく、「プロ」はすべからく結果が求められる。結果がすべて、なんて言う。そう言いつつも、人は、結果を求めずに行動することの重要さも心のどこかで分かっている。いや、逆か。結果を求めずに行動することが難しいからこそ、人は結果がすべてと結論づけてしまうのだろうか。

自分の評価は他人に任せておけばいい。

岩田を縛っているのは結果だ。岩田よ、そうではない。
「岩田は打たせてとるタイプの投手」だと判断するのは自身ではなく監督、コーチであり解説者、ファンである。あくまで他人である。

岩田が思うべきは「岩田は強いボールを投げる投手」である。

以下、(行動)と(結果)としてみる。
岩田はここ2,3年、「ツーシームを投げ(行動)」て「打たせてとる(結果)」ことを目指していると思う。しかしきょう、ずばりそのボール(行動)を堂林にスタンドまで運ばれている(結果)。序盤も打ちとった(行動)当たりが野手の間に落ち(結果)攻めこまれた。となると、どう行動しようが、結果などだれにも分からないのではないか。であるなら結果は結果でも、「打たせてとる」結果を求めるのではない、その一歩手前の「強いボールを投げる」結果を求めてほしい。そこから先のことは野手に任せればいいではないか。

岩田の投球フォームといえば、広い胸板を全面にさらして投げてくるイメージ。上半身の力で投げるかんじで、それでもじゅうぶん威圧感がある。バッターたちがまったく手の出ないボールの強さ。それが岩田のイメージだ。

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット