今年の夏の甲子園でもっとも話題となったのが、マネージャーの握ったおにぎりの数だという!
プレーや選手で話題になっていない!
これは残念なことだ!

マネージャーのその献身ぶりを報じたのは新聞社。
美談に隠された女性差別の助長として非難を受けたという!
これは残念なことだ!

そのマネージャーは、おにぎりを握るために進学コースから普通コースに転入したという!
普通コースへの転入は、将来の可能性を閉ざした愚かな決断だと解釈されているという!
これは残念なことだ!

みなさん、名門校のマネージャーの器というものを誤解している。
競技は違うがこんな話がある。


卓上 阪神タイガース 2016年 カレンダー 卓上

数年前、御所実業高校のラグビー部のマネージャーが特集されていた。
花園ラグビー大会の折である。
そのマネージャーは数十人の部員に、毎朝授業開始前の体重測定を課していた。
いや、課していたのはおそらく監督さんだろうが、そのマネージャーは部員全員の体重の増減をチェックしていた。
その都度、増えすぎ、もっと食べなさい、と部員に食事指導をするのである。 
毎朝だ。
そのマネージャーは、当時2年生。
最上級生ではないのにかかわらず、グラウンド内外で堂々とラグビーを仕切っていた。
御所実業は言わずと知れたラグビー名門校。
しかもその年、準優勝である。

翻って、例の野球部マネージャーについて考えてみる。
進学校のなかでも超進学コースに入学するような才媛が、普通科に転入したところで勉強しなくなるものなのか。
マネージャーとは、飯炊き女という表現で全ての仕事を表されるものなのだろうか。
部員が数十人といる野球名門校のマネージャーである。
自分のマネージメントがしっかりできない子が名門校のマネージャーなんて務まるだろうか。

話題を呼んだこの記事に文句をつけるならこうである。
マネージャーという仕事をおにぎりに帰着させすぎ。
そしてみんなそれを真に受けすぎ。
字面だけで脊椎反射しすぎ。

この記事を見て女性差別などと言っているような輩は、誰一人として野球部のマネージャーは務まらないだろう。

まあ、甲子園はプレーで話題になってほしいよ。

お知らせのあとは「ちな虎」からのおねがいがあります!

スポンサーリンク

皆さんの投票が日々の作文の励みです!1クリックおねがいします!

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

そして!もし記事が面白かったら…共有してもらえれば嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット